結婚写真をきれいに残そう!
結婚写真をきれいに残そう! TOP

近年は、結婚式を挙げずに入籍だけで済ませる方が多くなっていているため、結婚写真を残していないという方が、思った以上に多いらしいのです。
結婚式や披露宴をやらなかったとしても、結婚したという証をのこすためにも、きちんとした衣装を着て写真を撮っておきたいと思いませんか。

実は、当サイトの管理人もそうだったのです。結婚した当時は、引っ越しやあいさつ回りなどで何かと忙しく、写真のことまで気が回らなかったのですが、しばらくしたら、「写真だけでも残したい」と強く思うようになったのです。
私は、3年前に結婚したのですが、結婚式も披露宴もやりませんでした。結婚後実家に戻った時に、両親に「お前の花嫁姿を見たかったな」と言われ、その言葉がどうも引っかかるようになりました。

いろいろ考えているうちに、私も「一生に一度はウェディングドレスを着てみたい」と思うようになりましが。旦那にも話してみたところ、「写真だけでも残しておけばよかったと後悔している」と言われました。
みんな同じ考えだったようです。そのため、私たちは、自分たちの記念として、両親や子供のためにも、結婚写真を撮って、記念に残すことにしました。

そして、結婚式の代わりに衣装を着て結婚写真を撮影してもらいました。
写真を撮影するまでにはネットでいろいろ調べたのですが、同じような考えを持っている方にも役に立てるようにと情報をまとめたのがこのサイトです。
一生の思い出に最高の一枚を残すための参考になればとてもうれしく思います。

本当に記念になる写真を撮ることができた

私が結婚したのは3年ほど前、ちょうどリーマンショックで先のことを不安に感じていたし、2人とも30歳を過ぎていたので、入籍だけで良いと思っていました。

結婚式に貯めたお金は、これから何があるかわからないから取っておこうと思い、結婚式も披露宴も挙げませんでした。
その後、写真だけでも撮っておこうといろいろ調べてみたところ、現在は、写真だけの結婚式を選ぶカップルがかなり多くなっていることがわかりました。
写真といっても、衣装を着て、スタジオ内でかしこまって撮影するだけではなく、野外での撮影も可能なのです。好きな場所でドレス姿での撮影ができるということにものすごく驚きました。

チャペルで2人並んで撮影したり、海、公園など想い出のある場所での撮影も可能ですし、日本庭園で和服姿での撮影もできるのです。本当にモデルの撮影みたい…。
とにかく、さまざまなスタイルでの撮影が可能なので、どういうスタイルで撮影しようか本当に迷ってしまいます。
そのため、ここでは、スタジオ撮影とロケーション撮影の違いやそれぞれのメリットについても紹介しています。
私たちは、初デートとなった思い出のある海を背景に撮影しました。出会ったばかりの頃の新鮮な気分に戻れて、撮影もおもいっきり楽しめました。


スタジオ選びがカギ

結婚は、人生における最大のイベントの一つです。

そういったイベントの記念写真はしっかりと残すべきであると思いました。

近年は、デジカメで誰にでも簡単に写真が撮れるようになり、友達にデジカメで撮ってもらえば十分では、と考える人も多くなっています。
その友達が、写真のテクニックに長けていて、プロ並みの写真を撮ってくれるのなら、それも良いでしょう。
しかし、多くの場合、ブレが残っていたり、一番良い表情の写真が撮れなかったり、背景がいまいち、ということもあります。

想い出のある場所で映画のワンシーンのような二人の姿、チャペルで二人で愛を誓っている姿、などなど。
一生の思い出になる写真は、日常では取ることができないスタイルで、最高の一枚を残したいですよね。

そこで、写真を撮影するにあたって何を重視しますか。

費用ですか、写真のテクニック、衣装の豊富さ、スタジオの雰囲気…。
人それぞれ重視するポイントは異なると思いますが、何を重視するかにより選ぶスタジオも異なってきます。
最高の一枚を残すには、自分に合ったスタジオを見つけることが大切です。そのため、いくつかのスタジオをチェックしたり、実際に見学したりなどして、自分の希望に合ったところを選ぶと良いのではないでしょうか。


 

TOPページ